利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントの口コミと評判を検証します

このサイトは、利尻ヘアカラートリートメントのインターネット上にある口コミや評判を、実験して検証したり、私自身や家族が実際に使って感じた感想や体験談を紹介していきます。

 

利尻ヘアカラートリートメントを素手に取り出してみました

 

チェックマーク自宅で簡単に白髪のお手入れをしたいと思っている方
チェックマーク口コミや評判が、どの程度本当なのか疑問を感じている方
チェックマーク他の白髪染めで痛んだ髪を、なんとかして変えたい方

 

こんな方の参考になると嬉しいです。

 

利尻ヘアカラートリートメントとは…

利尻ヘアカラートリートメントanalyze

白髪染めの「臭いが苦手」「地肌が弱く刺激が強い白髪染めが使えない」「髪のパサつきをケアしながらカラーしたい」「自宅で簡単に生え際を目立たなくしたい」「経済的にお得にヘアカラーしたい」などのような、白髪染めに対してお悩みをお持ちの方に、満足していただけるように開発された無添加・マニキュアタイプの白髪染めです。
トリートメント効果も高いので、ヘアカラーとしてだけでなく毎日のトリートメントとしても使える優れものです。[ 利尻ヘアカラートリートメントの特徴 ]

 

 

管理人が利尻ヘアカラートリートメントを使い始めたきっかけ

 

以前は白髪なんて気にならなかった私ですが、40歳を過ぎた頃から所々に白いものが混ざっているのに気づきました。
白髪はそんなにたくさんあるわけではないのですが、少ない分、見えたときには逆に目立つんですよね。

 

ピンと1本白髪が見えると、5歳は老けて見えそうで怖いような気がするんです。

 

美容院に行って白髪染めをすると、たしかにきれいに染まります。
でもお金は節約したいし、そうかと言って市販の白髪染めだと、髪や頭皮が痛んで薄毛になるのも心配です。

 

そこで今、テレビCMやインターネット上で人気があり、口コミの評判も良い『利尻ヘアカラートリートメント』を使ってみる事にしました。

 

購入するにあたって、「どんな製品なのか」「自分でもきれいに染められるのか」「評判はどうなんだろう」などなど、いろいろ気になったので調べてみました。

 

 

その時の情報を次にまとめてみました。

 

インタネット上で見つけた口コミ・評判・評価のまとめ

インタネット上で見つけた利尻ヘアカラートリートメントの口コミ・評価・評判をまとめてみました。

 

利尻ヘアカラートリートメントの満足度

利尻ヘアカラートリートメント満足度グラフ 

利尻ヘアカラートリートメントの満足度

 

Yahoo知恵袋にあった口コミ・評価・評判、100件から
「満足」「不満足」に分けて統計を取ってみました。

 

口コミ・評判・評価の内容

自分には合っている・満足

自分には合っていない・不満

利尻ヘアカラートリートメントグラフ満足 

・染まりがいい 17pt

・髪・頭皮にいい 23pt

・色・持ちがいい 3pt

・手(爪)についた色は落ちる 6pt

・使いやすい 23pt

・割安感がある 3pt

 

その他の口コミには「嫌な臭いがしない」「男性にも使える」「タイルについた色も、すぐに洗えば落ちる」というものなどがありました。

 

 

利尻ヘアカラートリートメントグラフ不満

・染まりが悪い 25pt

・髪・頭皮が傷む 7pt

・色・持ちに不満 12pt

・手(爪)についた色が落ちない 11pt

・使いにくい 4pt

・割高感がある 6pt

 

その他の口コミには「他のカラーと併用できない」や「広告とギャップを感じた」というものなどがありました。

 

 

これらの口コミ、評判、評価は、利尻ヘアカラートリートメントを紹介しているサイトに載っているものは除外して、「Yahoo知恵袋」や「はてな人力検索」など、一般の方の意見を参考にしました。

 

まとめてみた私の感想は、人それぞれヘアカラーや白髪染めに対する基準になる考え方や、現状の髪質、求めるものが違うので、気に入る人、気に入らない人がいても当然だと思います。

 

 

「良いもの」というのは、「自分にとって良いもの」であるべきだし、「悪いもの」というのは「自分にとって悪いもの」でいいと思うんです。

 

 

白髪染めやヘアカラーに限らず、どれだけ安全に気を配って作ったものであっても、それを使ってアレルギーや何らかの問題が起きることはあります。

 

自分でチェックして、選択していくしかないことだと思います。

 

600万本以上売れて尚、売れ続けているヘアカラートリートメントですから多くの方が満足していることは間違いありませんが、初めて購入した時にはパッチテストをすることをおすすめします。

 

analyze