利尻ヘアカラートリートメントの使い方

利尻ヘアカラートリートメントの標準的な使い方

利尻ヘアカラートリートメントは、自宅で簡単に、比較的短時間で白髪を染めることができます。

 

基本的な使い方の手順は

@シャンプー後、タオルで水気をとる

 

髪から水が滴ると、ヘアカラーも一緒に流れてきます。
そのために、しっかりタオルドライをします。

 

A手にとって馴染ませる

 

利尻ヘアカラートリートメントは、素手で使っても安心です。
濡れた手に直接取り出して、白髪部分が隠れるくらいべったりと塗ります。

※乾いた手に取ると、手に色が付きやすいので、手は濡らした方がいいです。
※爪の間やネイルに色が付くことを気にするなら、手袋をはめて使った方がいいですね。

 

使い始めは10分くらい馴染ませるとのことですが、最初はもっと長めに時間を置いた方がいいようです。
一度染まると、その後はもっと短い時間で染まるようになります。

 

Bしっかりすすいで完全に乾かす

 

すすぎの水に、色がでなくなるまで流します。
もう髪に色は入っているので、しっかりすすいでも大丈夫です。

 

その後はしっかりドライヤーで乾かします。
残っている色素が洋服に付かないようにするためです。

 

 

analyze

利尻ヘアカラートリートメントの使い方記事一覧

利尻ヘアカラートリートメントでしっかり染める使い方

髪は断面が丸いものです。(完全な円形ではありませんが)そしてそれがたくさん重なり合っています。ですからヘアカラーを塗るときに意識するといいのが、髪1本1本の全体を包むように染剤を届かせるということです。髪の流れに沿って、前から後へ利尻ヘアカラーを塗ったら、今度は後から前へ染剤が届くように馴染ませます...

≫続きを読む

 

利尻ヘアカラートリートメントの染め方の裏技

ヘアマニキュアタイプの白髪染め「利尻ヘアカラートリートメント」を使った、染め方の裏技のご紹介です。2液型アルカリ性の染剤とは違って、初めて使った人は染まり具合に不満を感じる人もいるようです。化学薬品を使った染剤だと、キューティクルを開いて、メラニン色素を抜き、そこに色を入れるので、当然染まりは強いで...

≫続きを読む

 

髪を乾燥から守る!利尻ヘアカラーのトリートメント効果で冬美髪

冬は他の季節に比べて空気が乾燥して、髪にダメージを与えやすい季節です。紫外線についても5月以降、7〜8月と強まりますから、髪にダメージを与えたり、ダメージを広げたりする原因にもなります。一年を通じてどの季節にも髪を労わり、しっとりとした美髪に保てるのが利尻ヘアカラートリートメントです。利尻ヘアカラー...

≫続きを読む

 

利尻ヘアカラートリートメント|白髪染めを長持ちさせる3つのポイント

髪にカラーを入れる方法(染料の材質)にはいろいろ種類があり、その違いによって色持ちの長さは変わってきます。ここでは利尻ヘアカラートリートメントで白髪染めをした髪の色を長持ちさせる方法について紹介します。利尻ヘアカラートリートメントは、マニキュアタイプの白髪染めです。2剤タイプの白髪染めと違って、髪の...

≫続きを読む