利尻ヘアカラートリートメント 裏技

利尻ヘアカラートリートメント染め方の裏技

 

ヘアマニキュアタイプの白髪染め「利尻ヘアカラートリートメント」を使った、染め方の裏技のご紹介です。

 

 

2液型アルカリ性の染剤とは違って、初めて使った人は染まり具合に不満を感じる人もいるようです。
化学薬品を使った染剤だと、キューティクルを開いて、メラニン色素を抜き、そこに色を入れるので、当然染まりは強いです。
しかし、髪や地肌に刺激が強く、傷めたり、肌の弱い人では使えなかったりもするのが事実です。

 

利尻ヘアカラーはその点、刺激が弱く、髪にも肌にもやさしいので、安心して使えます。
しかしヘアマニキュアという性質上、一度でしっかり一般の白髪染めのように色が定着しにくいのも事実です。

 

何度か染めていくうちに、色が髪に馴染んできて、どんどん染まりは良くなっていくのですが、さらによく染まるようになると嬉しいですよね。
そんな染め方の裏技をいくつかご紹介します。

 

 

ラップを巻いてしっかり定着

髪が硬く、染まりにくい質のため、塗った後はラップで根元まで密着するように巻き、30〜40分おきます。
そうすることでしっかり染まるようになります。
さらに利尻シャンプーを使うと色落ちが少なく、1週間に1回の染でも大丈夫です。
最初のうちは量をたっぷり塗ったほうがしっかり染まります。

 

静岡県 女性

 

白髪染めはゆとりの時間

前晩に髪を洗い、翌日起きてすぐ乾いた髪にカラートリートメントをしています。
そして30分以上しっかり放っておきます。
それからゆっくりコンディショナーをします。
朝風呂を読書をしながら髪をタオルで乾かしながら20分の半身浴を楽しんでいます。

 

長崎県 女性

 

サロンより安く手軽に白髪染め

2回目の注文ですが、ライトブラウンにしてみました。
染まりあがりは黒すぎるかな?(ちょっと染まりすぎ?)と思いましたが、乾くとちょうど良いと思います。
私のオリジナルは、乾いた髪に、小分けしてコームでとかしながら塗って、ラップして、蒸しタオル(タオルをぬらしてレンジで1分)して30分以上おきます。
その間、コーヒーを飲んだりと、逆にリラックスタイムになってます。
仕上がりは、しっとりしていてトリートメントしたみたい(あっトリートメントか(笑))
1本1本まとまるようになりました。
サロンに行くより安くて手軽で気に入っています。

 

東京都 女性

 

毎日使っています

自分なりに色々工夫してきましたが、やはり毎日のトリートメントが一番です。
量も少なくて済みますし、それでトリートメントした髪を頭頂部に集めます。
するとより濃く、頭皮には栄養も行き渡ります。
私は抜け毛も減りました。
夏は特に利尻ヘアカラートリートメントでのケアが必要だと思います。

 

千葉県 女性

 

 

これらは自然派clubサスティから送られてくるダイレクトメールに紹介されていたものです。
いろいろな情報を整理すると、「良く染まる」、「きれいに染まる」ポイントは次のようになります。

 

裏技のポイント

 

使い始めは量をたっぷりと使う

使い始めの時には、髪の毛を360度しっかりと包むように、量を多めに使うのが、しっかりきれいに染めるコツです。
使う量が少ないと、染ムラができやすいです。
しかし使っていくうちに、だんだん少ない量で染まるようになってきます。

 

時間を長めにとる

髪質や今までのお手入れの状態によっても、染まり具合は変わってきます。
最初のうちは、染める時間を長めにとるようにすると、良く染まります。

 

シャンプーをアミノ酸系のものに変える

シャンプー剤に含まれている成分によっても、色が染まりにくい原因にもなります。
例えば「シリコン」や「ポリマー」です。
中には化学合成して作った香料なども、染まりを悪くする原因にもなりえます。
これは利尻ヘアカラーに限ったことではなく、サロンでカラーをする場合にも同じです。
アミノ酸系のシャンプーを使うことで、シリコンやポリマーを使わなくても、髪本来の艶やコシやハリ、そして指通りの良さは取り戻せます。
それに頭皮のケアにもなりますから、もし染まり具合が悪いと感じたら、シャンプーを見直してみてはいかがでしょうか。

 

ラップを巻いて密着させる

ラップを巻くことで色の付きが良くなります。
これはサロンでカラーする時も同じですよね。
さらに蒸しタオルで温度をかけてやると、染剤が柔らかくなってまわりがよくなります。

 

コームを使う

コームを使うことで髪1本1本に染剤が密着しやすくなります。
特に生え際の白髪が気になる部分がしっかり染まるので、より一層きれいに仕上がりますよ。

 

 

管理人の使用感

いくつかポイントをご紹介しました。
管理人の私が使っている感想は、「そんなに染まりは悪くない」ということです。

 

理由を考えてみたのですが、白髪が気になりだす以前には、シャンプーに気をつかっていました。
無添加だけでなく、成分そのものが本当に安全なものを探しだして使っていましたから、髪そのものに色を染まりにくくする成分が付着していなかったんだと思います。

 

白髪染めで利尻を選んだのも、安全だからというのが一番の理由です。
髪の色がきれいに染まっても、抜け毛が増えて、髪が薄くなっては意味がないですからね。

 

髪をいたわって大切にしきたいと思われるなら、利尻ヘアカラートリートメントは本当にいいものだと思います。

 

いろいろ工夫してみるのも楽しいですし、なにより安心してつかえますからね。

 

analyze

利尻ヘアカラートリートメントの染め方の裏技関連ページ

しっかり染めるには
利尻ヘアカラートリートメントでしっかり染める使い方の説明です。
髪を乾燥から守るトリートメント効果
冬は空気が乾燥して、髪も頭皮も負担が大きい季節です。白髪染めとして人気の利尻ヘアカラートリートメントですが、そのトリートメント効果で髪を乾燥と静電気から守り、しっとりとした美髪を保てます。
白髪染めを長持ちさせる3つのポイント
利尻ヘアカラートリートメントで染めた白髪染めの色を長持ちさせる3つのポイントを紹介します。